元手300万円を230億円にまで増やし、市況かぶ全力2階建で「一人のチカラで日経平均を動かせる男」としておなじみ、個人投資家のcis(しす)氏の初の著書。

通称cis本。

株を勉強中の友人から、「やる気が出るから」と勧められて読んだ。

巨額の資産を築いた投資家の勝つ方法はシンプルで、
上がっている株を買う。下がっている株は買わない。
というもの。

ここだけ抜き出すと、「何当たり前のこと言ってるんだ」となってしまいそうだけど、
これって実はすごく難しいこと。

「今こうあるという事実を直視する」ことは、漠然と想像する以上に難しい。

人間の本能として、否が応にも主観が入り込んでしまうからだ。


それがよくわかるのが、投資スタイルの変遷のエピソード。

cis氏は株を始めたばかりの頃、企業の財務分析をして、割安な株を探して買い、上がるまで中長期的に保有する、ファンダメンタル投資を行っていた。

そして、負け続けていた。

それを現在のスタイルに変えるきっかけとなったのが、2chのオフ会だった。

億単位で買っている人は、短期の値動き、かつチャートや指数組み入れなどの理由がある株を買っていたことを知ったという。

割安とか割高とか、将来この会社は業績が伸びるはずだとか、そういった要素は自分が勝手に思い込んでいるに過ぎない。そんなものはすでに現在の株価に織り込まれていると見るべきで、その予想に優位性はない、ということに気づいた。


また、「主観」の別の例として、多くの人は確率やバランスを意識してしまうことが挙げられている。

例えばコインを10回投げて10回表が出たからって、次に投げればどちらかになるかといえば、まったくの五分。

けれども多くの人が、そろそろ裏が出るのではないかと意識しがちな傾向にある。

つまりお行儀のいいランダムに収束していくことをイメージしてしまう。

ミクロの事象に対して理論値を期待しすぎるから。それが自然な感覚であり本能なんだと思う、とcis氏は分析しつつ、「事実」を提示する。

つまり、“「真のランダム」はイメージより残酷である”ということ。

現実のランダムは残酷なもので、
誰もがイメージしやすい行儀のいいランダムとは違ってバランスを取ってくれない。



このように、
人間には、自分のやろうとすることを、何か高尚な理念とか、公平公正の原理などといったものと結びつけたくなるふしがある。

それらが「本能」で、その「本能に克たねば相場に勝てない」というのが彼の投資哲学だ。



ただ、実際に身銭を切る中で、そこまで主観を廃してありのままを見ようとする、というシンプルな鉄則を貫くのは容易なことではないはず。

それは、少額でも実際に株を買ってみたら、嫌という程実感させられることだ。

「ポジションを取る」というのは、言うは易く行うは難しで、
金銭などの物理的損失や精神的損失がちらついた瞬間、どうしてもフラットな処理はできなくなる。


わかるけど、やれない。

だからこそ、そこに優位性が発生する。

ワクワクしてくる。


さすが一人の力で日経平均を動かせる男の言葉は、面白い。


一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学 [ cis ]

価格:1,620円
(2019/2/3 21:57時点)




IMG_8351


作品紹介


230億円稼いだカリスマ投資家が実践する「勝つ思考」。

12万部突破! いま一番話題のお金の本!


「生き方がめっちゃ面白い!」

「役立つけど真似できない、すごすぎて」などなど

圧倒的なキャラクターに大反響!!


フォロワー29万人超え(20192月現在)の伝説的デイトレーダー初の著書。

230億円稼いだ勝負勘の源泉や「ヘッジは無駄」「不動産投資は罰ゲーム」など

独自の投資哲学を開陳。


ロジック重視の仮説思考で「一撃19億」「一撃40億」を実現してきた話、

「2ちゃんねるで結婚相手を募集」「近くにコンビニがほしくてビルを買う」など

スケールが違う話も多々。


投資をやる方はもちろん、ゲームやギャンブルにも通じる勝負論で、

ビジネスパーソンにも多くの学びがある一冊。