星に車をつなげ!

参考になったものをまとめていきます。 テラスハウス山チャンネルの書き起こしもやってます。

2018年09月

ダ・ヴィンチの「七人のブックウォッチャー 絶対読んで得する14冊」というコーナーで書評家の大矢博子さんが「あれもこれも乗り越えたジャニオタ歴40年の私が自信を持って推す」と評していた(2018年7月号)。実際に読んでみて唸った。たしかにこれは自信を持って推せる…。 ...

テラスハウス オープニング ニュー ドアーズ 山チャンネルVol.33「ノアの股間にチリンチリン♪」どうも、山里亮太のテラスハウス、山チャンネルのお時間でございます。まぁ33回目となりましてね。えーまぁ、このねえ、まぁテラスハウス山チャンネルっていうのはこう、私のい ...

天才はあきらめた (文庫) [ 山里亮太 ]価格:669円(2018/11/4 07:14時点) 「天才はあきらめた」ってそういう意味かぁ、と嘆息する。 呼吸するように“何者か”になれる人。意識せずに出た自然な言動が、周囲から「特別だ」と思われる人。それが、山里亮太の定義する「天才 ...

常日頃から他人の想像力の無さに眉をひそめている自分にとって一番苦しいことは、己の想像力の無さを指摘されることだ。相手のことをすべて分かったふうに思い込んでいたら、実は何一つ分かっていなかった。想像を及ぼすことができなかった一面を突きつけられ、立っていられ ...

『卒業』『眠りの森』『どちらかが彼女を殺した』『悪意』『私が彼を殺した』『嘘をもうひとつだけ』『赤い指』『新参者』『麒麟の翼』に続く、加賀恭一郎シリーズの10作目であり、最終作。前作では加賀と父親の知られざる約束が描かれたが、今作では蒸発した加賀の母親につ ...

テラスハウス オープニング ニュー ドアーズ 山チャンネルVol.32「今回、製作総指揮にソフト・オン・デマンドが入りまして」えー山里亮太のテラスハウス、山チャンネルのお時間でございます。もう32回となりました。えー、あのーいろんなとこでね私なんかもうテラスハウス見 ...

ナナメの夕暮れ [ 若林 正恭 ]価格:1,296円(2018/11/4 07:08時点) こっちは気にしすぎなくなる薬がもしあるなら、常用したいぐらいにはもう生まれた時から気にしすぎてしまうのだ。(“あとがき”)私も「気にしすぎてしまう」人間だ。ずっと、自意識過剰な自分を恥じてきた ...

テラスハウス オープニング ニュー ドアーズ 山チャンネルVol.31「田中優衣検事による聖南裁判」どうも、山里亮太のテラスハウス、山チャンネルのお時間でございます。もう第31回目となりましてね、いやー今テラスハウスがですねいろんな方々に見てもらってですね、もうみな ...

夏休みは魔法だ、と思う。たった1ヶ月されど1ヶ月の休みは、夏期講習だとか部活だとかで何だかんだ忙しくて仲の良い友達に会う暇もなくあっという間に過ぎていく。そうして久しぶりに会ったクラスメイト達は、見た目はそんなに変わっていなくても中身だけが妙に変わっている ...

ピピピピッ、ピピピピッ「ん?あぁ、目覚まし時計か…」時計を見ると時刻は朝の5時。また1日が始まる。もう分かりきったことだ。何度この日を繰り返せば、明日が来るのだろうか。いや、一生来ないのかもしれない。「そろそろお迎えの時間かな…」と呟いた刹那、目の前に化け ...

↑このページのトップヘ